ヒロシマに一番電車が走った

商品番号:09383AA
販売価格 4,104円(税込)
DVD
※商品到着後8日以内・未開封の場合返品可
>詳細はこちら

NHK広島放送局が募集した被爆体験記に寄せられた300通の手記をもとに製作された、実体験を基にした原爆の悲惨さを伝えるアニメーション。

数量
アニメ脚本:信本敬子
*本編32分
NHK広島放送局が募集した被爆体験記に寄せられた300通の手記をもとに制作された、実体験を基にした原爆の悲惨さを伝えるアニメーション。NHK広島放送局が募集した被爆体験記に寄せられた300通の手記をもとに制作され、1993年NHKスペシャルで放送されたアニメーション。
死と絶望の中で生き抜いた実在の少女を主人公に、風化させてはならない原爆の記憶をわかりやすく次世代に訴える。

戦地に召集された男たちに代わり、広島の路面電車は十代の少女たちが動かしていた。
15歳の春川弥生は朝の車掌業務に就く際に被爆、母や大勢の仲間を失い死の街で絶望に暮れる。
しかし、被爆からわずか3日後、廃墟の中を弥生の乗った電車が警笛を高らかに鳴らして走り始めた。
同じように傷ついた広島の人々を乗せて電車を走らせることで、地獄から這い上がろうとする少女の姿を描く。

ページトップへ