トップ > 商品ジャンルで選ぶ > DVD・ブルーレイ・CD > ドキュメンタリー > 建築 > プロジェクトX 黒四ダム DVD 全2巻セット

プロジェクトX 黒四ダム DVD 全2巻セット

商品番号:15272AS
販売価格 4,104円(税込)
DVD
※商品到着後8日以内・未開封の場合返品可
>詳細はこちら

お求めやすい新価格で、毎月10巻を3ヶ月連続リリース!シリーズ第2弾は、「社会生活向上へ偉大なるチャレンジと巨大プロジェクト」をテーマにした10タイトル。

数量


お求めやすい新価格で、毎月10巻を3ヶ月連続リリース!
シリーズ第2弾は、「社会生活向上へ偉大なるチャレンジと巨大プロジェクト」をテーマにした10タイトル。


■新価格版 プロジェクトX 挑戦者たち 厳冬 黒四ダムに挑む ~断崖絶壁の輸送作戦~

昭和38年6月、黒四ダムは無事完成した。予定通り工期7年での完成だった。その奇跡を支えた工期初期の難工事、輸送路開拓にスポットを当てる。

【収録内容】
昭和31年、関西電力が打ち出した黒四ダム計画は、断崖絶壁の奥地に日本最大の巨大ダムを建設するという、前例のない計画だった。
まず、課題となったのは資材の輸送だ。どうやって60万トン(甲子園6杯分)もの資材を運び上げるのか。予定では、東側にそびえる赤沢岳に全長5キロのトンネルを掘り、輸送路を確保する計画だ。
しかし、現場監督を任された中村精は、それだけでは7年の工期に間に合わないと判断。奇策を敢行した。西側、標高2700mの立山の尾根までブルドーザーで登り、雪を待ってソリに資材を載せ、一気に黒部を滑り降りようというのだ。全国の工事現場から腕のいいブルドーザーの運転手など10人を引き抜き、5台のブルドーザー部隊が立山に向けて出発した。
そのころ、赤沢岳の大町トンネル工事は苦戦していた。中村は、黒部側から迎え掘りをするために、50人の越冬隊を送り込んだ。雪に閉ざされた厳寒の黒部に5か月籠って作業を続けることは、肉体的にも精神的にも過酷である。中村は医師・鈴木康彦に作業員たちの健康管理を依頼した。こうして、かつてない厳しい環境のもと、かつてない規模のダム工事がスタートした。
(2000年6月27日放送)

主題歌:「地上の星」 作詞・作曲:中島みゆき

*収録時間43分/画面サイズ4:3/カラー/ステレオ/日本語字幕ON・OFF機能付


■新価格版 プロジェクトX 挑戦者たち シリーズ黒四ダム 「秘境へのトンネル 地底の戦士たち」他
史上最大の難工事と言われた黒四ダムの着工から完成までを、2週にわかって特集した「シリーズ黒四ダム」、約90分一挙収録。
標高1470m、黒部峡谷奥地を流れる黒部川を堰き止め、高さ186mの巨大ダムを建設するという大事業が、昭和31年にスタートした。

【収録内容】
時は高度成長期、関西地方は深刻な電力不足に陥っていたのだ。予定供給電力25万キロワットの黒四ダムが、どうしても必要だった。しかも、工期は7年。それ以上延ばせば、関西地方の経済活動に致命的な打撃を与えることになる。
工事は困難を極めた。まず、資材の輸送路を確保するために、全長5.4キロの大町トンネルを掘削する。頻発する落盤、大出水…度重なる困難を乗り越えて、トンネルは完成。峡谷に、次々と資材が運び込まれた。本工事もまた過酷だった。断崖絶壁に囲まれた現場、マイナス20度の厳寒、直撃する台風…。
しかし、ダム完成は彼らの使命だった。
前例のない大工事を決断し、自ら前線に足を運んだ関西電力社長・太田垣士郎。病に伏した娘を思いながら建設責任者の任務を全うした芳賀公介。親方として大町トンネル現場を仕切った笹島信義。過酷な本工事を指揮した中村精。そして、延べ1000万人にも及ぶ名もない作業員たち…。
(2005年10月11日・10月18日放送)

主題歌:「地上の星」 作詞・作曲:中島みゆき

*収録時間86分/画面サイズ4:3/カラー/ステレオ/日本語字幕ON・OFF機能付

ページトップへ