あめりか物語 全2枚

商品番号:06403AA
販売価格 6,600円(税込)
DVD
※商品到着後8日以内・未開封の場合返品可
>詳細はこちら

アメリカ日系移民3代にわたる愛と苦悩を描いた物語を、脚本化・山田太一が壮大なスケールで描く。時代の波に翻弄されながらも懸命に生きる人々を描き、「日本人とはなにか」を問いかけた話題作。

数量
アメリカ日系移民3代にわたる愛と苦悩を描いた物語を、脚本化・山田太一が壮大なスケールで描く。時代の波に翻弄されながらも懸命に生きる人々を描き、「日本人とはなにか」を問いかけた話題作。 19世紀半ば、少数の日本人が初めてアメリカに移住した。その移民一世を襲う日本人排斥運動。戦時下で日米両国に引き裂かれた二世。黒人との結婚に悩む三世。ハワイ・アメリカ本土を舞台に、これらの人々の愛と苦悩を脚本化・山田太一が赤裸々に描き「日本人とは何か」を問いかけ、大きな話題を呼んだ超大作。
ドラマとしてはNHK初の長期海外取材・ロケを敢行し、1979年に「ドラマスペシャル」として放送された全4話を収録。 

*現存するマスターの状態により、お見苦しい部分、お聞き苦しい部分がありますことをご了承下さい。

1905年(明治38年)12月、新天地で人生を切り開こうとする海外移住者の一団が、日本を後にする。
行く先はハワイ。その中には、写真でしか知らぬ結婚相手の元に向かう菊池良と、その弟・幸吉がいた。
良は相手の男・熊谷武平とともにハワイのサトウキビ会社の労働者として、新たな人生を歩み始める。
一方、幸吉はハワイの狭い日本人社会に飽きたらず、白人社会との接触を求めて、アメリカ本土に足を踏み入れる。
しかし、待ち構えていたのは異国の大地での厳しい現実であった。激動の時代は、やがて日本人排斥運動などとともに、
彼らとその家族の人生を揺さぶってゆくのだった。(1978年10月16日~19日放送)

作:山田太一
音楽:池辺晋一郎
制作:小林 猛、藤田道郎
演出:清水 満、山本壮太
出演:北大路欣也、十朱幸代、西田敏行、若山富三郎、八千草薫、梶芽衣子、長門裕之、倍賞美津子、永島敏行、榊原郁恵、内藤武敏、池上季実子、中村雅俊 ほか

■DISC.1
・第一話 「写真結婚」の不安を抱き海を渡る日系移民の女たち  
・第二話 日系人の小屋を襲う白人のライフル

■DISC.2
・第三話 不時着したゼロ戦の日本兵をめぐる日系人家族の対立
・第四話 黒人との結婚で差別する側に立たされる日系人たち

【特典映像】撮り下ろし特典映像「山田太一からのメッセージ」(6分)
◎解説書(4P)封入

【1979年放送】

*収録時間:本編316分+特典6分

ページトップへ