トップ > 商品ジャンルで選ぶ > DVD・ブルーレイ・CD > 国内ドラマ > 現代ドラマ > 蔵・春燈・櫂 全8枚セット

蔵・春燈・櫂 全8枚セット

商品番号:10662AS
販売価格 26,400円(税込)
DVD
※商品到着後8日以内・未開封の場合返品可
>詳細はこちら

原作 宮尾登美子×主演 松たか子の秀作3作品「藏」「春燈」「櫂」。通販限定価格!

数量


原作 宮尾登美子×主演 松たか子の秀作3作品「藏」「春燈」「櫂」
通販限定価格

<1>藏

新潟の老舗酒蔵を舞台に、病気で失明した少女・烈と彼女を支え続ける叔母・佐保の絆を軸に、戦前社会の日本の「家」を描く。 全6回


【収録内容】
新潟の造り酒屋に生まれた烈は、病気のために失明する運命にあった。
しかし、烈は、叔母の佐穂に支えられ、逆境に負けず、強くたくましく生きていく。
烈と佐穂、相反する立場と性格の二人の女性を軸に、過酷な運命を生きる家族の愛憎と絆を描く。

【あらすじ】
■第1回
 猛吹雪の夜、女の子が生まれた。激しく生きぬくよう烈と名付けられた子には、過酷な運命が待っていた。
 新潟の豪農で酒造りの家である田乃内家。父・三佐衛門の後を継いだ意造は器量良しで評判の賀穂を嫁に貰うが、子供に恵まれなかった。あきらめかけていた時、女の子が生まれ、烈と名付けられる。体の弱い賀穂の為、妹・佐穂が養育係りとして呼び寄せられる。あるとき、烈が失明の運命にあることがわかる。

■第2回
 皆の心配にもかかわらず烈の目は悪くなっていく。不運はつづき、田乃内家の酒造に腐造が発生する。
 意造は烈を東京の大学病院に連れていくが、烈の目は治る見込みはないと診断される。眼鏡をかけた烈は、一番になれないなら学校へは行かないと言い出す。その頃、田乃内家の酒造に腐造が発生し、先代からの杜氏たちは責任をとって去っていった。母・賀穂は、烈の目の治療祈願の為に観音参りに出るが…。

■第3回
 意造が芸者上がりのせきを後妻に迎える。反発する烈は、実家へ帰った佐穂を追って、家を飛び出してしまう。
 意造は気を取り直し、新潟の野積から杜氏を迎え酒造りを再会する。そして、祖母・むらと烈が強く反対する中、意造は、新潟の古町から芸者上がりのせきを後妻に入れる。密かに意造に思いを寄せていた佐穂は、傷心のあまり実家へと帰ってしまう。佐穂を母と慕う烈は、後を追って新発田へと向かう。

■第4回
 烈の目が全く見えなくなる。せきが産んだ息子も死んでしまった。失意の意造は酒蔵を閉じてしまう。
 病床の祖母・むらは田乃内家の不幸を嘆きつつ亡くなった。そして、せきが意造の子を産んだ。丈一郎と名付けられ大事に育てられる。丈一郎は烈にもなつき、烈も可愛がっていたが、あっけなく事故で死んでしまう。後継ぎを失った意造はすっかり気落ちし、酒蔵を閉めると宣言する。

■第5回
 烈は酒造りを自分がやると父に申し出る。縁談が進められてはいるが、烈は別の青年に惹かれている自分に気付く。
 烈は父・意造に自分が酒造りの後を継ぐと申し出る。意造はなかなか許さないが、二人で酒造りの神様・京都松尾神社を訪れ、渋々と烈の酒造りを認める。一方、烈の縁談が進められるが、烈は、野積の杜氏を訪ねたときに出会った涼太に惹かれている自分に気付く。

■第6回
 烈は涼太との結婚を意造に反対され、涼太は蔵人からはずされる。思いを募らせる烈は雪の中、涼太のもとに走る。
 息子を亡くし、田乃内家での居場所を失ったせきは、不義の子を身籠り離縁を願い出る。しかし、あくまでも「家」にこだわる意造は聞き入れようとしない。酒の仕込みの時期になり杜氏がやってくるが、蔵人の中に涼太の姿はなかった。思いを募らせた烈は、もうすぐ婚礼という時に飛び出して涼太のもとへと走る。

【出演】
鹿賀丈史…田之内意造
檀 ふみ…佐野佐穂
松 たか子…田之内烈
井上真央…烈(少女期)
河野由佳…烈(少女期)
前田耕陽…坂下涼太
東野英心…平山 晋
洞口依子…田之内せき
高橋惠子…田之内賀穂
香川京子…田之内むら
大滝秀治…田之内三佐衛門

【ナレーション】
柳生 博

原作:宮尾登美子
脚本:中島丈博
音楽:深草アキ

○1995年放送
*収録時間:261分




<2>春燈

土佐の高知で芸妓紹介業を営む家に生まれ育ち、複雑な家庭事情のもと多感な少女期を送る綾子。逆境を乗り越え、逞しく生きる女性の姿を描く人間ドラマ。全4回

【収録内容】
12歳のときに両親が離婚した主人公・綾子は、強引に父・岩伍に引き取られ、内縁の妻とその連れ子たちと暮らすことに・・・。
複雑な家庭環境の中、父親との葛藤、母親への思慕、絶望の希望の間で過ごした綾子の多感な青春時代を描く。

【あらすじ】
第1回
主人公・綾子は、十二歳。母・喜和に溺愛され、わがままに育ってきた。
ある日、父・岩伍が喜和を殴りつけるのを目にした綾子は・・・

第2回
喜和のもとを離れて、岩伍の新しい家で暮らすことになった綾子。
その家には、照とその連れ子がいた。
綾子はそんな新しい家族を、使用人のように扱う。

第3回
綾子は、親友の蕗子から突然絶交だといわれる。
その理由は、芸妓娼妓紹介業を営む父の職業にあった。

最終回
大学進学が決まらないまま卒業を迎えた綾子は、
父の支配から逃れるため、代用教員として山間部の学校へと赴任する。
そこで、三好と再会し、求婚される。

【出演】
松 たか子、真野響子、西岡徳馬、江波杏子、藤 竜也 ほか

原作:宮尾登美子
脚本:中島丈博
演出:大山勝美
音楽:深草アキ

○1998年放送
*収録時間:172分




<3>櫂

大正から昭和戦前の高知を舞台に、強さと弱さを併せもつ喜和の哀切な半生。宮尾登美子が自らの家族をモデルにした自伝的小説のドラマ化。3部作最終章。全3回

【収録内容】
主人公・喜和は、16歳で夫・岩伍と結婚。その後、岩伍とその愛人との間に生まれた娘・綾子を育てるが、病に倒れ、岩伍は別の女性のもとへ。
綾子とも生き別れてしまう。
女として、母として、一人の女性として、力強く生きた喜和の忍苦と愛憎の半生を描く。

【あらすじ】
第1回 奔馬
十六歳の喜和は、神社の奉納相撲で博徒の岩伍と出会い、その妻となる。しかし、この結婚が、喜和の波乱万丈の人生の幕開けだった・・・。

第2回 修羅
岩伍が営む芸妓娼妓紹介業は、多忙を極めていった。そんななか、喜和は、我が子を病気で失い、岩伍と愛人の子を引き取ることになる。

最終回 自立
喜和が病で倒れた。その後、一時仲を取り戻した夫婦も、岩伍の多忙が重なり、すれ違いの生活が続くようになる。人生の岐路に立った喜和は、ある決心をする・・・

【出演】
出演:松 たか子、仲村トオル、井上真央 ほか

【語り】
奈良岡朋子

原作:宮尾登美子
脚本:冨川元文
演出:大山勝美
音楽:深草アキ

○1999年放送
*収録時間:264分


「関連商品」バリエーションを全部見る

  • DVD
  • 蔵・春燈・櫂 全8枚セット

    DVD
  • 春燈

    DVD
  • DVD
ページトップへ