〔プライバシーポリシー改訂のお知らせ〕
2022年4月1日付で、弊社プライバシーポリシーおよび個人情報保護法に基づく公表事項を改訂いたしました。
改訂後のプライバシーポリシーは、こちらでご確認いただけます。
トップ > 商品ジャンルで選ぶ > DVD・ブルーレイ・CD > 国内ドラマ > 現代ドラマ > 監査法人 DVD-BOX 全3枚セット

監査法人 DVD-BOX 全3枚セット

商品番号:12693AA
販売価格 9,900円(税込)
DVD
※商品到着後8日以内・未開封の場合返品可
>詳細はこちら

企業の粉飾決算をあばく「監査業務」を行なう公認会計士たちの活躍や葛藤を初めてドラマ化。

数量
【NHKスクエア 特別割引】
  定価 12,540円
  割引価格 9,900円
 


企業の粉飾決算をあばく「監査業務」を行なう公認会計士たちの活躍や葛藤を初めてドラマ化。

近年、経営者の不正や粉飾決算など企業モラルが問われるニュースが相次いでいる。企業の財務状況をチェックする「監査法人」、その内実はあまり知られていない。このドラマでは、「監査法人」をめぐる財界・官僚・外資の思惑も絡めて、経済界における巨大権力組織となった「監査法人」の内幕を描く。



【ストーリー】
2002年。バブル後遺症に悩む日本経済は、いまだ先行きが見えないでいた。
公認会計士・若杉健二が勤めるジャパン監査法人には二つの大きな意見の対立があった。不況に苦しむ企業を救うためには、多少の粉飾は見逃そうという「ぬるま湯監査」派。不良債権は切り捨て、いかなる不正も認めないという「厳格監査」派。
健司は同僚の山中茜とともに、信頼できる上司・小野寺直人のもとで、「厳格監査」こそ正義だと信じるが、切り捨てられていく企業や社員の痛みを感じるたびに、仕事に疑問を感じていく。
そんな時、健司は大手食品会社の粉飾を発見する。やがてそれは、財界、金融界を巻き込んだスキャンダルに発展し、健司たちも巨大なうねりに飲み込まれていく。

【内容】
・第1回:「会社、つぶせますか」
・第2回:「800億円の裏帳簿」
・第3回:「粉飾の連鎖」
・第4回:「崩壊の序曲」
・第5回:「夢の代償」
・第6回:「会社、救えますか」

【出演者】
塚本高史/松下奈緒/豊原功補/阿部サダヲ/清水章吾/勝村政信/利重剛/津川雅彦/竜雷太/橋爪功 ほか

【特典映像】プレマップ/記者会見/未公開シーン/メイキング&インタビュー映像/ 塚本高史&松下奈緒スペシャルトーク

【封入特典】
オリジナルブックレット封入(用語解説、作品紹介)

○脚本:矢島正雄/小林雄次
○音楽:村松崇継
○主題歌:山崎まさよし「深海魚」

・2008年6月NHK総合・デジタル総合・BShiにて放送



*DVD3枚組み
*収録時間本編347分+特典51分/画面サイズ:16:9LB


この商品を買った人は、こんな商品も買っています

ページトップへ