トップ > 商品ジャンルで選ぶ > DVD・ブルーレイ・CD > ドキュメンタリー > 宇宙・地球・サイエンス > 証言記録 東日本大震災 第14回 宮城県南三陸町 ~高台の学校を襲った津波~

証言記録 東日本大震災 第14回 宮城県南三陸町 ~高台の学校を襲った津波~

商品番号:19418AA
販売価格 2,200円(税込)
DVD
※商品到着後8日以内・未開封の場合返品可
>詳細はこちら

2011年3月11日。あの日何があったのか。人々は何を考えどう行動したのか。震災を様々な角度から記録する一環として被災者の“あの日、あの時”を証言でつづる。

数量
2012年1月より、NHK総合テレビで放送している「証言記録 東日本大震災」。
震災を様々な角度から記録する一環として、被災者の“あの日、あの時”を証言でつづる。


2011年3月11日。あの日、何があったのか。人々は何を考え、どう行動したのか…。
「証言記録 東日本大震災」は、未曾有の大震災に向き合った被災者たちの格闘の記録であり、鎮魂の記録です。家族を失い、生まれ育った地域を失い、その生き様を支えてきた文化さえも失ってしまった人たち。私たちは、この大震災にどう向き合えばよいのか、そこから何を見出していくべきか、「証言記録」は、それを考えるヒントを与えてくれるはずです。

【収録内容】
2011年3月11日、宮城県南三陸町を襲った津波は、800人を超える人の命を奪った。志津川湾の南西に位置する戸倉地区には、20mを超える津波が襲い75%の家屋を水没させた。20mの高台にあり震災時の指定避難場所だった戸倉中学校の校庭にも津波は押し寄せた。中学校の校庭には学校の災害マニュアルに従って集まった生徒たちとともに近隣の住民が大勢避難していた。生徒60人を含む200人は思いもよらない津波に逃げ惑った。教師の菊田浩文さん(50)は同僚と共に老夫婦を救おうとして波に飲まれ、一人だけ生き残った。生徒たちは、水に沈む生存者を即席ロープで助けようとしたり、低体温症で生死をさ迷う男性に抱きついて温めたりして必死に救助活動を行なった。同僚を失い生きる気力を失いかけた菊田教諭は、教え子たちの姿が心の支えとなって、少しずつ生きる力を取り戻していく。
安全と思われた戸倉中学校を襲った大津波。大きな混乱の中で教師や生徒は、何を思い、どう行動したのか。命を守るためのぎりぎりの行動とそれぞれの心の軌跡を記録した。

○2013年 放送

*収録時間43分/画面サイズ16:9/ステレオ・ドルビーデジタル/カラー

「証言記録 東日本大震災」一覧はこちら 

「関連商品」バリエーションを全部見る

  • 証言記録 東日本大震災 第13回 岩手県釜石市 ~津波で孤立した港町~

    DVD
  • 証言記録 東日本大震災 第14回 宮城県南三陸町 ~高台の学校を襲った津波~

    DVD
  • 証言記録 東日本大震災 第15回 福島県葛尾村 ~全村避難を決断した村~

    DVD
  • 証言記録 東日本大震災 第16回 岩手県野田村 ~“祭り”を奪った津波~

    DVD
  • 証言記録 東日本大震災 第17回 宮城県東松島市 ~指定避難所を襲った大津波~

    DVD
  • 証言記録 東日本大震災 第18回 福島県飯舘村 ~逃げるか留まるか 迫られ...

    DVD
  • 証言記録 東日本大震災 DVD-BOX3 全6枚セット

    DVD
ページトップへ