トップ > 商品ジャンルで選ぶ > DVD・ブルーレイ・CD > 国内ドラマ > 連続テレビ小説 > 連続テレビ小説 マッサン 完全版 DVD-BOX2 全5枚

連続テレビ小説 マッサン 完全版 DVD-BOX2 全5枚

商品番号:20468AA
販売価格 20,900円(税込)
DVD
※商品到着後8日以内・未開封の場合返品可
>詳細はこちら

朝ドラ初となる海外からのヒロインを起用して、初回視聴率21.8%を記録した「マッサン」の完全版DVD-BOX、第2弾発売!

数量
二人で、生きていくと決めました。

ウイスキー造りに情熱を燃やした日本人男性と、愛する人の夢をかなえるために見知らぬ国「日本」でその生涯を過ごしたスコットランド人女性。
まだ国際結婚が珍しかった時代に夫婦となった二人の笑いと涙、そして愛がいっぱい詰まった冒険物語。

【ストーリー】
大正9年5月。ウイスキー造りを学ぶためスコットランドに渡った亀山政春(玉山鉄二)は、外国人の妻・エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)を伴い帰国。結婚報告に広島の実家を訪れるが、母・早苗(泉ピン子)の猛反対にあう。早苗に認めてもらうため奮闘するエリー。一方、政春は「夢を追うなら命がけでやれ!」と父に鼓舞される。その想いを胸に、政春とエリーは互いの愛を確認し、二人日本で生きていくことを強く誓う。

【収録内容】
■第7週 「触らぬ神に祟りなし」
家賃が払えなくなり、家主の野々村(神尾佑)のもとに直談判に訪れたマッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット)。そこでエリーは教会の歌声教室に通う幸子(田中葵)とナツ(吉田暖)姉妹と再会する。エリーに懐く二人を見た野々村は、家賃を待つかわりに二人に英語を教えてやってほしいと提案し、快く引き受けるエリー。

しかし、野々村の妻・由紀子(愛原実花)のことを「お母さん」ではなく「由紀子さん」と呼ぶ幸子に、エリーは何か複雑な事情を感じとるのだった。幸子は三年前に亡くなった実の母親のことを想うばかりに、本当は大好きな由紀子のことを心から受け入れられないでいた。余計なことに首を突っ込むなとマッサンにたしなめられるも、エリーは自分自身の経験を幸子に話し、次第に心を通わせていくのだった。

そんな矢先、野々村が由紀子に離縁を告げたと、幸子が泣きながら一人家を飛び出してくる。二人が別れるのは自分のせいだと責める幸子。エリーは野々村にそんな幸子の気持ちを代弁するが、野々村もまた由紀子との結婚が皆を苦しめていると自分を責めていた。もう一度この家族の絆を取り戻そうと、エリーは由紀子の誕生日パーティーを提案する。

■第8週 「絵に描いた餠」
父・政志(前田吟)の危篤を知らせる電報を受けとったマッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット)がマッサンの実家の広島・竹原へと向かうと、政志は危篤どころかピンピンしていた。危篤の電報は、マッサンが住吉酒造を辞めたことを知った早苗(泉ピン子)が、家に連れ戻すために出したものであった。そんな時、マッサンの兄貴分である蔵人の俊夫(八嶋智人)が、県から頼まれた新しい酒米を用いた試験醸造の話を持ってくる。政志が腰を痛め動けないならと俊夫や早苗は断ろうとするが、政志は自分の代わりにマッサンに試験醸造に取り組むよう告げる。

一方、エリーは人手不足の亀山家で、嫁ではなく女中として働くことになり、半年間の成長を早苗に見せようと張り切る。エリーの作る料理に感心する千加子(西田尚美)やすみれ(早見あかり)であったが、早苗は亀山家の味ではないと認めない。
そんな中、久しぶりに日本酒づくりに取り組んだマッサンはその活気に触発され、しばらく亀山家で暮らそうと提案。エリーはより一層頑張ろうと誓うのだが、早苗と千加子の厳しい指導が始まって・・・。

■第9週 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」
広島の実家でウイスキーづくりの夢の原点に立ち返り、決意新たに大阪へと戻ってきたマッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット)。ウイスキーをつくるには、やはり鴨居(堤真一)に頭を下げ雇ってもらうのが一番の近道とエリーに諭されたマッサンは鴨居商店を訪れる。しかし、太陽ワインのポスターが世界で認められ店中が歓喜に湧く中、マッサンは鴨居になかなか話を切り出せないのだった。

そんな中、鴨居はマッサンに一本の瓶を差し出す。ウイスキーと炭酸を混ぜたものを新商品として売り出すことを聞き、ウイスキーをバカにしていると激怒したマッサンはやっぱり一緒には働けないと出て行ってしまう。

一方、エリーは秘書の黒沢(志賀廣太郎)に鴨居商店へと誘われ、鴨居とスコットランドの貿易商との商談の通訳を頼まれる。そこで、日本でのウイスキーづくりを否定され思わず反論してしまったエリーは、もう一度マッサンにチャンスをあげてほしいと鴨居に懇願し、二人の会談の実現に奔走するのだが・・・。

■第10週 「灯台下暗し」
ついに鴨居商店へ入社することなったマッサン(玉山鉄二)と、いよいよ始まるマッサンのウイスキーづくりを喜び笑顔で初出勤を見送るエリー(シャーロット)。マッサンは就職祝いにエリーに何かプレゼントをすると提案するが、エリーはなぜか本当に欲しい物を言い出せない。

工場長となったマッサンは、鴨居(堤真一)にウイスキー工場の設立場所として、景色も気候も本場スコットランドに似た北海道を、職人は広島から腕の良い蔵人を呼び寄せる計画を説明する。「やってみなはれ!」と鼓舞する鴨居であったが、北海道には行かなくていいと告げるのだった。北海道は時間も費用もかかりすぎると、鴨居は大阪近郊で適地を探すよう命じ、早くも意見が食い違い不満のマッサン。

一方、いまだ本当にほしいプレゼントをマッサンに言い出せずにいたエリーはキャサリン(濱田マリ)らに相談し、大工の信ちゃん(伊藤えん魔)に家の改築を頼むことに。そんななか、マッサンからの工場用地調査の報告を聞いた鴨居は、山崎に工場を建てようと提案。不満で愚痴るマッサンと、自分の話を聞いてくれないマッサンに腹を立てるエリーとの夫婦喧嘩が始まるのだった・・・。

■第11週 「子に過ぎたる宝なり」
念願のウイスキー工場が完成したその日、エリー(シャーロット)の身体に新しい命が宿り喜び一杯のマッサン(玉山鉄二)。広島の実家とスコットランドのエリーの母親にも手紙で報告しようと話す二人のもとに、鴨居(堤真一)が長男の英一郎(浅香航大)を連れて現れる。英一郎に、マッサンにはウイスキーづくりを、エリーからは英語を学ばせたいと、住み込みで面倒を見て欲しいと鴨居は頼み込む。身重のエリーを思いマッサンは断ろうとするが、エリーは快諾、英一郎との共同生活が始まる。

しかし、英一郎は炊事・洗濯、掃除は自分でするので必要以上の干渉をしないでほしいと心を閉ざし、働き出した山崎工場でも学ぶものは何もないと孤立していく。 そんな折、エリーの妊娠を知ったキャサリン(濱田マリ)らがお祝いのパーティーを開く。生まれてくる子供の話で一同が湧くなか、英一郎は「その子供はいじめられる」とマッサンとエリーが抱いていた懸念を言葉にするのだった。

しかし、エリーは言いづらいことを言ってくれたと英一郎に感謝、キャサリンらも二人の子供を守ると宣言。そんな皆の温かさに触れた英一郎は突然嗚咽し、泣き始めるのだった。

■第12週 「冬来たりなば春遠からじ」
子供を失った悲しみを、二人一緒に乗り越えようと誓い合ったマッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット)。そんな矢先、医師からエリーが出産することは難しい身体であることを告知されたマッサンは再び絶望のどん底に突き落とされる。そして、その事実をエリーに打ち明けることができないまま苦しむ毎日が続くのだった。

一方、操業のお披露目会に向けて準備を進める山崎工場は、マッサン不在で思うように試験が進まず混乱を極めていた。工場のことを一任された英一郎(浅香航大)は俊夫(八嶋智人)から懇願され、父・鴨居(堤真一)にマッサンなしでは準備が間に合わないと、お披露目会の延期を願い出る。しかし、鴨居は予定を変えるつもりはないと断言し、思わず英一郎はエリーが子供を生むことが難しい身体であり、マッサンはお披露目会どころではないと話してしまう。それでも予定通りお披露目会を行うと譲らない鴨居に、自分の母親が死んだ時の記憶を重ね、「あんたは鬼や!」と英一郎は言い放つ。

そんななか、黙っていることは本当の優しさではないとキャサリン(濱田マリ)に告げられたマッサンは、ついにエリーに悲しい事実を打ち明けるのだった・・・。

■第13週 「急いては事をし損じる」
鴨居商店の山崎工場が完成し、マッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット)のもとに新しい家族である養女のエマ(住田萌乃)が来てから4年が経過した1928年(昭和3年)11月、エリーは妻として、そして母として毎日奮闘していた。一方、マッサンは工場長補佐となった英一郎(浅香航大)や俊夫(八嶋智人)らと共に、ウイスキーの原酒づくりを順調に進めていた。

しかし、鴨居商店も不況で経営が次第に悪化し、今すぐウイスキーを販売するか、製造中止にするべきとの声が社員から挙がり、鴨居は横浜のビール工場の買収に加えて、今あるウイスキー原酒でブレンドするよう指示する。エリーの励ましを受けブレンド作業に取り組み始めるマッサンだが、やはり熟成期間が短いため思うような味にはならず、すぐに商品化しようと言う鴨居にマッサンは頭を痛めるのだった。

そんな折、広島の実家からマッサンの母・早苗(泉ピン子)が突然訪ねてくる。ウイスキーづくりがうまくいかず、会社も危ないというマッサンとエリーの話を聞いた早苗は、エマのことを一番に考え、三人で広島の実家に帰ってくるよう提案するのだが・・・。

■第14週 「渡る世間に鬼はない」
国産初のウイスキー「鴨居ウイスキー」を発売するも全く売れず、そのことでウイスキーの味の方向性への違いが浮き彫りになったマッサン(玉山鉄二)と鴨居(堤真一)。二人の対立は深まり、工場を英一郎(浅香航大)に任せる代わりにマッサンは営業へ回るよう命じられる。ショックを受けるマッサンであったが、自分がつくったウイスキーを客がどんな顔をして飲むのかを自分の目で確かめようと、営業活動に前向きに取り組み始め、スコットランドに似ていると呼ばれる北海道に向かうのだった。

期待に胸をふくらませやってきた北海道であったが、やはりウイスキーはまずいと全く売れない。そんな時、マッサンはニシン漁師の親方・森野熊虎(風間杜夫)と出会い、熊虎の誘いでニシン漁で栄える余市を訪れる。

一方、エリー(シャーロット)のもとに早苗危篤の電報が届き、マッサンに連絡が取れないまま広島へ向かうエリー。病気の峠は越え一同は安堵、孫のエマ(住田萌乃)の顔を見た早苗は少し元気を取り戻すのだった。看病をする中で、エリーと早苗は初めて互いの気持ちを語り合い心を通わせ始めるが、そんな時早苗の容態が再び悪化して・・・。

■第15週 「会うは別れの始め」
マッサン(玉山鉄二)の母・早苗(泉ピン子)がこの世を去って一週間。マッサンは父・政志(前田吟)から早苗が一番マッサンのつくったウイスキーを楽しみにしていたと聞き、時間はかかっても必ずつくってみせると気持ちを新たにし、エリー(シャーロット)と再び大阪へと帰ってくる。

マッサンは鴨居(堤真一)に北海道で商品を売ることがどれだけ大変なことかを身を持って知ったと頭を下げ、再び山崎工場に戻してほしいと懇願、工場長として復帰することになり英一郎(浅香航大)たち従業員に笑顔で迎えられる。そこでマッサンは鴨居の言うとおり、ピート臭を薄くした日本人が飲みやすいウイスキーづくりを目指すと宣言し、ブレンド作業に取りかかるのだった。

しかし、そんなマッサンを見てなぜか胸騒ぎがするエリー。来る日も来る日も試行錯誤を重ねる中で、マッサンは匂いを薄くすることを追究するあまり、ピートを炊かずに乾燥させた麦芽を使用した原酒をつくったり、水でウイスキーを希釈したりと、これまでのこだわりを一切見せなくなっていき、エリーはより不安を募らせていく。そんな中、ついに新しいウイスキーが完成し発売されるのだが・・・。

■第16週 「人間到る処青山有り」
1932年(昭和7年)10月、マッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット)はついに北海道へとやってくる。ウイスキーを売り出すまでの資金稼ぎにりんご汁を売ろうと、マッサンは以前出会った森野熊虎(風間杜夫)に相談に訪れる。

何でも任せろと豪盛にマッサン達をもてなす熊虎であったが、息子の一馬(堀井新太)は歓迎しない様子。さっそく土地とりんごの確保に町の人々に挨拶に回るマッサンとエリー。しかし、熊虎の名前を出すと誰もが冷たい態度に豹変し、二人は困惑する。さらに、熊虎の義理の弟であるりんご組合長の進(螢雪次朗)に交渉に訪れるも、熊虎に騙されていると告げ去るのだった。熊虎の娘・ハナ(小池栄子)から二年間ニシンが来なかったことが原因で熊虎は借金まみれになっていたことを聞く二人。家を売って借金を返すしかないと言う一馬と、もう一度ニシン漁で一発逆転してみせると夢にすがる熊虎は対立しているのだった。

それだけではなく、熊虎と進たちの間にも開拓の歴史にまつわる根深い確執があった。このままでは何も始められないと熊虎の家を出ようとマッサンは提案するが、エリーは熊虎と一馬の親子の絆を取り戻したいと奔走するのだった。

【出演】
玉山鉄二、シャーロット・ケイト・フォックス
八嶋智人、小池栄子、濱田マリ、西田尚美、前田 吟、風間杜夫、泉ピン子、堤 真一 ほか

【語り】
松岡洋子

作:羽原大介
音楽:富貴晴美
主題歌:「麦の唄」 中島みゆき

【特典映像】
・マッサン&エリー インタビュー集

【封入特典】
・ブックレット(全28ページ)

○2014年~2015年 放送

*DVD5枚組
*収録時間:本編900分+特典11分/16:9LB/ステレオ・ドルビーデジタル/カラー/ブックレット付

連続テレビ小説 「マッサン」 特集ページはこちら

「関連商品」バリエーションを全部見る

  • 連続テレビ小説 マッサン 完全版 DVD-BOX1 全3枚セット

    DVD
  • 連続テレビ小説 マッサン 完全版 DVD-BOX2 全5枚セット

    DVD
  • 連続テレビ小説 マッサン 完全版 DVD-BOX3 全5枚セット

    DVD
  • 連続テレビ小説 マッサン 完全版 DVD-BOX 全3巻セット

    DVD
ページトップへ