大河ドラマ 春の坂道

商品番号:21949AA
販売価格 4,104円(税込)
DVD
※商品到着後8日以内・未開封の場合返品可
>詳細はこちら

泰平の世を永遠のものにするために越えていく坂は果てしなく無限であった

数量


泰平の世を永遠のものにするために
越えていく坂は
果てしなく無限であった


「春の坂道」は山岡荘八の原作で、大河ドラマの第9作。徳川家康、秀忠、家光と徳川三代の将軍に仕え、兵法指南役を務めた柳生但馬守宗矩の人生を描く。柳生宗矩は父・石舟斎から柳生新陰流“無刀どり”の極意を授かり、それを治世に通じる剣のこころ、“活人剣”として、泰平の世を守り抜くことに生涯を捧げた。本DVDは明国出兵を主張してやまない将軍・家光を諌めるため、宗矩が家光の振り下ろす真剣を“無刀どり”で受け止める「最終回・かくれんぼ(3)」を収録。

最終回(第52回)かくれんぼ(3) (昭和46年12月26日放送)
正保3年(1646)正月、宗矩は76歳の春を病床で迎えた。将軍・家光は太閤・秀吉以来の明国出兵という大問題を抱えた上に、宗矩の病気が重なり、焦っていた。「大事な時に倒れおって・・・」そこに宗矩の三男・宗冬が病状を報告に来た。家光は前例を破り、自ら宗矩の家を訪ねる。「隣人の窮状を救う正義の出兵だ」と主張する家光に、宗矩は「いかなる戦いも戦と名が付く以上、悪といわねばなりません」と応じた。抜刀する家光。雷鳴が轟き、閃光が走る。激しい雨となった。

【出演】
中村錦之助(萬屋錦之介)
松本留美
長門 勇
清水綋治
原田芳雄
市川海老蔵(十二代・市川團十郎)ほか

原作:山岡荘八
脚本:杉山義法
音楽:間宮芳生
テーマ音楽:三善 晃
語り:福島俊夫

制作:吉岡利夫
演出:深町幸男

一部古い映像素材に起因する映像のキズ、色合いの不良、音声ノイズ等があります。あらかじめご了承ください。

*収録時間:43分/片面一層/モノクロ/モノラル/MPEG-2/4:3

©2017 NHK
ページトップへ