トップ > 商品ジャンルで選ぶ > DVD・ブルーレイ・CD > 国内ドラマ > 時代劇 > 眩(くらら)~北斎の娘~

眩(くらら)~北斎の娘~

商品番号:23183AA
販売価格 4,644円(税込)
ブルーレイ
※商品到着後8日以内・未開封の場合返品可
>詳細はこちら

葛飾北斎の娘・お栄の知られざる半生を描いた、直木賞作家・朝井まかての小説『眩』を4Kドラマ化した『眩(くらら)~北斎の娘~』がブルーレイで登場。

数量



葛飾北斎の娘・お栄の知られざる半生を描いた、
直木賞作家・朝井まかての小説『眩』を4Kドラマ化した
『眩(くらら)~北斎の娘~』がブルーレイで登場。


★第72回文化庁芸術祭賞テレビ・ドラマ部門大賞を受賞。

★第68回芸術選奨文部科学大臣新人賞を加藤拓(演出)が受賞。

北斎の娘として生まれ 絵に魅了された お栄の半生
江戸の天才絵師・葛飾北斎の三女として生まれたお栄(後の葛飾応為:宮崎あおい)は、町絵師と夫婦になったものの、
箸を持つより絵筆を持つのが好きで、父であり、師である北斎(長塚京三)の元に嫁ぎ先から戻ってきた。
そこから「超えられぬ高き壁・北斎」の絵の手伝いが始まった―。
そんな中、お栄は北斎の門人である絵師・善次郎(溪斎英泉:松田龍平)にだけは、苦しみや悩みを話すことができた。
それは思うに任せない、「出戻りお栄」の密かな恋心であった。北斎という絵に魅入られた男を尊敬し、影で支える絵師として働き続けるお栄。
そして北斎の代表作である「富嶽三十六景」が完成した時にも、そばにはお栄がいた。
父が高齢となり、思うがままに筆を動かせなくなってからも、お栄は父の「影」として北斎の絵を描き続ける。
北斎は眩しい光、自分はその影でいい。そうしてお栄は絵を描き続ける。
やがて時は過ぎ、心の中で常によりどころであった善次郎そして、北斎もこの世を去る。60歳を過ぎたお栄は、一つの真実にたどり着く。
「影が万事を形づけ、光がそれを浮かび上がらせる。この世は光と影でできている」――

※「葛飾北斎」の「葛」の下部分は、「勹+L+人」が正しい表記です。

【収録内容】
天才絵師・葛飾北斎の三女・お栄は、町絵師と夫婦になるが、箸を持つより絵筆を持つのが好きで、父であり、師である北斎の元に嫁ぎ先から戻ってきた。そんな中、お栄は北斎の門人である絵師・善次郎へ密かな恋心を抱きながら、父を陰で支える絵師として働き続ける。やがて時は過ぎ、60歳を過ぎたお栄は、一つの真実にたどり着く。

【出演】
宮崎あおい、松田龍平、三宅弘城、西村まさ彦、野田秀樹、余貴美子、長塚京三 ほか
※宮崎あおいさんの『崎』の字は、正しくは右上が「大」ではなく「立」になります。

原作:朝井まかて 『眩』 (新潮社刊)
脚本:大森美香
音楽:稲本響
演出:加藤拓 (NHKエンタープライズ)
制作統括:佐野元彦 (NHKエンタープライズ) 中村高志 (NHKドラマ番組部)

【特典映像】
宮崎あおい・長塚京三インタビュー (「土曜スタジオパーク」より)、プレマップ(2分予告)、英語版トレーラー

【封入特典】
特製ブックレット・メッセージ大森美香(脚本)、インタビュー 向井大裕(浮世絵指導)ほか

○2017年9月にNHK総合テレビで放送

*収録時間:本編73分+特典25分/1920×1080i Full HD/ステレオ・リニアPCM/一層/カラー/日本語字幕付

© 2018 NHK

この商品を買った人は、こんな商品も買っています

ページトップへ