トップ > 商品ジャンルで選ぶ > DVD・ブルーレイ・CD > 映画 > 日本映画 > 映画 幕末太陽傳 デジタル修復版 ブルーレイ

映画 幕末太陽傳 デジタル修復版 ブルーレイ

商品番号:23923A1
販売価格 4,620円(税込)
ブルーレイ
※商品到着後8日以内・未開封の場合返品可
>詳細はこちら

夭折の天才・川島雄三が描く日本映画至宝の痛快エンターテインメント!

数量


夭折の天才・川島雄三が描く日本映画至宝の痛快エンターテインメント!

デジタル修復で鮮明に蘇った「幕末太陽傳」完全修復版を、「川島雄三監督生誕100周年記念エディション」として新仕様での特別限定ブルーレイリリース!

45歳という若さでこの世を去った川島雄三監督、人間の性をシニカルかつ客観的に描き、全51作品を世に送り出した。古典落語「居残り佐平次」ほか様々な噺を一本の物語に紡ぎ上げた本作は、「2009年キネマ旬報オールタイム・ベスト映画遺産200 日本映画篇」において「東京物語」「七人の侍」「浮雲」に続く第4位に輝き、川島雄三代表作との呼び声も高く、日活創立100周年を記念してデジタル修復版として甦った。「川島監督生誕100周年」を記念して、新仕様でのブルーレイ特別リリース!初収録となる特典を新たに加え、デザインを新装した「完全限定記念版」!本作では初めてのバリアフリー字幕付きでのリリースとなる。
50年代のオールスター・キャストが織り成す、笑いあり涙ありの江戸の“粋”!そして庶民のバイタリティを凝縮した主人公が暴れまくる痛快さ!閉塞した現代日本に、元気と知恵、そして喝を入れてくれる珠玉の時代劇だ。
本作に加えて、DVD5作(『愛のお荷物』『あした来る人』『銀座二十四帖』『風船』『わが町』) を特別廉価価格で同時リリース!
また、川島監督が発見しデビューさせ、日活で花開いた名女優・芦川いづみの「デビュー65周年」を記念するDVDシリーズも連動リリース。名匠と名女優を祝福する、ファンへの贈り物!

【収録内容】
時は、幕末、文久2(1862)年。東海道品川宿の相模屋という遊郭へわらじを脱いだ佐平次(フランキー堺)は、勘定を気にする仲間を尻目に、呑めや歌えの大尽騒ぎを始める。しかしこの男、なんと懐には、一銭も持ち合わせていなかった…。
居残りと称して、相模屋に居ついてしまった佐平次は、持ち前の機転で女郎や客たちのトラブルを次々と解決していく。遊郭に出入りする攘夷派の高杉晋作(石原裕次郎)らとも交友を紡ぎ、乱世を軽やかに渡り歩くのだった。

【出演】
フランキー堺、南田洋子、左幸子、石原裕次郎、芦川いづみ、
金子信雄、山岡久乃、岡田眞澄、小林旭、二谷英明、小沢昭一、殿山泰司

監督:川島雄三
製作:山本武
脚本:田中啓一、川島雄三、今村昌平
撮影:高村倉太郎
音楽:黛敏郎
美術:中村公彦、千葉一彦
編集:中村正
録音:橋本文雄
照明:大西美津男

【映像特典】
・「赤ペン瀧川の映画添削『幕末太陽傳』」
・劇場予告篇

【音声特典】
・「小沢昭一・南田洋子・橋本文雄・白井佳夫コメンタリー収録(予定:DVD「幕末太陽傅コレクターズ・エディション」に収められた貴重な音源を、各方面の協力により特別収録。)
・「伝説のスター」芦川いづみさん特別インタビュー収録!(音声収録)
 「川島先生の思い出、『幕末太陽傳』と川島作品の現場話あれこれ」
(2018年収録予定、聞き手・佐藤利明(娯楽映画研究家))
・立川志らくによる「幕末太陽傳」独演コメンタリー収録!(映画の元になっている落語について、川島雄三監督について、志らく師匠が一人で徹底的に語りつくす必聴コメンタリー!)

(予告なく変更になる場合があります。)

○1957年 製作

*収録時間:約110分/モノクロ/片面2層/4:3スタンダードサイズ/音声:日本語 リニアPCM2.0chモノラル(オリジナル)/字幕:バリアフリー字幕/日本

©1957/2011 日活

ページトップへ